FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪大文学部学生 異議あり! #安保法制 #戦争法案

 自国を守る。当然のことです。
国に限らず、守る力、救う力は必要不可欠。
震災時に出動し作業にあたる自衛隊員の方々に、
無力な私は常々頭の下がる思いです。
 
 しかし、現在国会で採決されようとしていることは全くレベルの違う話。
集団的自衛権といえば聞こえはいいが、
実際は対立する他国間に第三者として身勝手な攻撃を加えるだけのもの。
これは自衛ではなく、攻撃です。
アメリカ合衆国を筆頭に、
日本と蜜月な関係の国は多くあります。
しかし、日本に危害が及ぶことを建前に、
その仲良しの国を守るために、
仲良しでない国を攻撃し、人を傷つけ、殺していい理由がどこにあるのか。
絶対に、どこにもありはしません。

 「積極的平和主義」とはよく言ったもの。
自国を守るという大義名分をかざして恐喝、脅迫、暴力によって誰かを傷つけるのが、
いま採決されようとしていることの本質です。
「自衛」を騙った攻撃を手段とする前に、
なぜ言葉を使った交渉ができないのか。
二度と武力は行使しないという気高き誓いを、
日本はもう忘れたのか。
 
 そもそも議論の土台が間違っている。
武力ではなく言論を頼みとした平和政策を、強く望みます。
(文学部、4回生)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

osakaunivpeace

Author:osakaunivpeace
1人1人!
自分の言葉で!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。