スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木戸衛一さん@箕面駅前の「安保法制廃止を求める大集会」

10月12日 箕面駅前で箕面市民の集会があり、木戸衛一さんがスピーチされました。
こちらに写真があります。 
こちらに動画があります。click
スポンサーサイト

木戸衛一さん ラジオフォーラムで語る!

木戸衛一さん ラジオフォーラムで語る!
ドイツと日本徹底比較 こんなに違う戦後の歩み

ここをクリックをして聞いてください

憲法違反の安保関連法の廃止を求める大阪大学人の会

「安保法案の廃案を求める大阪大学人の会」は
「憲法違反の安保関連法の廃止を求める大阪大学人の会」に名前を変え、運動を続けます。

阪大箕面地区教職員組合 意見法案の強行採決に抗議する 組合ニュース3号 #安保法制 #戦争法案

大阪大学箕面地区教職員組合

■■□ 組合ニュース 2015年度 第 3 号 ■■□■■□ 2015年9月18日 ■■□
(1)違憲法案の強行採決に抗議する

■■□ ■■□■■□■■■□■■□ ■■□■■□■■■□■■□□■■□■
(1)違憲法案の強行採決に抗議する
9月17日、違憲であることが明白となった安全保障関連法案が多くの国民の異論や不安を無視して参議院特別委員会で強引に可決されました。今日にも参議院本会議にかかりそうです。
このままなし崩し的に採決がなされれば、時の政権が憲法を恣意的に解釈する前例がつくられることになり、第二次大戦後の日本史のターニングポイントとなるでしょう。既に海外メディアも(ジャパンメディアとはかなり違う形で)注目しています。英語のニュースですが、NHKを見ていてはわからない情報もあります。
ぜひご参照ください。
 英BBC
http://www.bbc.com/news/world-asia-34275968
 英ザ・タイムス
http://www.thetimes.co.uk/…/…/world/asia/article4499117.ece…
 米NYタイムス
http://www.nytimes.com/…/japan-military-bills-provoke-scuff…
 米LAタイムス
http://www.latimes.com/…/la-fg-japan-protests-20150915-stor…

国会の動向はどうあれ、私たち組合は、今年度総会の特別決議
http://www.union-oufs.jp/…/union_do…/20150806anpoketsugi.pdf
における主張を引き続き社会に訴えかけていきたいと思います。
下は17日夜に豊中での街頭集会に参加した今岡委員長の演説です。
(URLでリンクしています)

http://osakaunivpeace.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

#安保法制 #戦争法案

9月17日豊中駅前街宣

9月17日豊中

みなさん こんばんは 大阪大学の准教授の今岡良子です。
今日は、午後に高校で授業をしていたので、与党が委員会で強行採決したことをあとで知りました。
そのすぐ後なので、みなさんと確認し、共有したいことがあります。

安保法案が私たちの前に明らかにされてから今日まで、
このわずか数ヶ月の間に
性別も、年齢も、出自も、仕事も、思想信条も、信仰も異なる日本の市民は、
憲法9条がいかに大事なものであるか、改めて認識しました。
性別も、年齢も、出自も、仕事も、思想信条も、信仰が違っても、
それより上に憲法9条を置いて、つながり、平和を守るために声をあげてきました。
まさに、憲法9条が日本人の思想と行動の源になったと言えます。
そのことをまず、確認して、共有したいと思います。

そして、それは、この数ヶ月の間に横につながるだけでなく、
1人1人が考え、1人1人の言葉で、1人1人の表現力で、
憲法9条を守らなければならないと動き出しました。
この数ヶ月の短期間に、安倍政権と闘いながら、学習し、市民として急速に成長しました。
市民としての成長は、結果として、民主主義を発展させます。
SEALDsの若者が路上に出て、初めはスピーチもおぼつかなかった若者たちが、
今では中央公聴会の公述人となり、理路整然と意見を述べました。
この数ヶ月の短期間に、ものすごい速さで成長する若者の姿を私たちは見て来ました。
また、その姿は、私たちの姿でもあります。
私たちも、短期間に、ものすごい速さで成長してきました。
それぞれが、学んで、市民として成長し、民主主義を発展させてきました。
そのことをここでスタンディングしているみなさんと、確認して、共有したいと思います。

委員会で強行採決されても、参議院で強行採決されても、
私たちは、また学んで、市民として成長して、民主主義を発展させます。
もう、この流れは、止めることができません。

社会主義国では、90年代に民主化運動が起こりました。
ベルリンの壁の崩壊の後、東欧やソ連、モンゴルも、民主化運動が広がりました。
その止めることのできない勢いを覚えておられる方もいると思います。
日本では民主化運動は起きませんでした。
しかし、今、アメリカの押しつけは嫌だ。
アメリカの押しつけを国民にそのまま押し付ける日本政府は嫌だ。
そう思う市民が街頭で声をあげています。
まさに、これが、日本の民主化運動です。
今、いっしょにここにスタンディングしているみなさんと確認し、共有したいと思います。

川の流れは、さまざまな水の流れを集め、大河となり、
大河の流れは、前へ前へ流れます。
この流れは、誰にも止められません。
一瞬、人為的に止めたとしても、その障害物を押し流して、必ず前へ流れます。
民主主義を発展させる、民主化運動の流れは、前へ前へと流れます。
これは、どんな国家権力にも止められません。
前へ前へと流れるのです。

ですから、参議院で強行採決されたとしても、絶望してはいけません。
前へ前へと流れることが歴史の法則なのです。

沖縄の友達が言いました。
「今日で、日本の民主主義が終わった、という人がいる。
沖縄では日本政府が民主主義をつぶして、終わって、また再生すれば、またつぶす。
この繰り返しが沖縄の歴史だ」と言いました。
戦後、沖縄の人々の歴史を振り返ると、安倍政権ぐらいで私たちは絶望しているわけにはいきません。

私たちは学んでいきましょう。そして、市民としてぐんぐん成長していきましょう。
そうすれば、民主主義はもっと発展します。
その流れは、止められません。
前へ前へと大河は流れて行くのです。
今日の日をその始まりだと思って、また闘っていきましょう。

ありがとうございました。

堀江新二(大阪大学元教員、ロシア演劇)異議あり! #安保法制 #戦争法案

蛙の面に小便!(失礼)… 
たったいま(7月13日)、自民党寄りの読売系テレビでも、集団自衛権が憲法に違反すると50%以上の人が思っていると、報道。
安倍内閣支持率も、不支持率を下回った。
でも、なおかつ、「戸締りしてない家」を例に、いけシャーシャーと「集団自衛権」を論じる、この蛙面!

 個別自衛権を集団自衛権と呼んで、平気でいる首相は、もうとうに失格です。
でも、蛙の面、今秋にも衆院を通す気でしょう。
大いに反対の声を上げ、たとえ、通っても、
こんな暴挙を遂行した安倍とその取り巻きを、次の選挙で根こそぎにしてやりましょう。
でないと本当に、若者たちを戦場へ出すことになりますよ!  

堀江新二

大阪大学言語文化研究科名誉教授、ロシア演劇

#安保法制 #戦争法案

9.13関西大行動 靭公園〜御堂筋〜難波

9.13関西大行動 靭公園〜御堂筋〜難波
913関西大行動1
913関西大行動2


9.12 戦争させない!9条こわすな!吹田市民大集会でのスピーチ

912吹田0
912北千里2

写真は、 吹田市民大集会から提供していただきました。

9.12 戦争させない!9条こわすな!吹田市民大集会@南千里公園でのスピーチ



みなさん、こんにちは 大阪大学人の会の今岡良子です。

 今日はみなさんと共有したいことがあります。みなさんは「国連生物多様性条約」を知っていますか?
「2050年までに自然と人間が調和する社会を作る」と約束して、196の国と地域が署名しました。
2050年って、みなさん、何才になりますか?
この条約の背景には、生物の絶滅という深刻な問題があります。
この集会が始まって15分になりますが、今、13分に1種の生物が絶滅しています。
恐竜が生きていた時代には1000年に1種が絶滅していたそうです。
それを考えると、この絶滅のスピードは恐るべき速さです。
産業革命以降の生物の絶滅は、すべて、人間に原因があります。
パンダや朱鷺やジュゴンが絶滅危惧種であることはご存知でしょうが、
マグロやうなぎやサバという私たちが日常食べている生きものまでもが
数年以内に絶滅の危惧にあります。
みつばちは、おしべからめしべに花粉を運びますが、
私たちが食べる作物の3分の1がみつばちによって受粉します。
しかし、北半球の4分の1のみつばちが害虫駆除の薬品によって死んでいて、
私たちはみつばちなしに野菜や果物をどうして作るのかという問題を抱えています。
人間も食べるものがなくなってくると、人間自身が絶滅危惧種になるかもしれません。
だから、人間と人間が殺しあうことを考えたり、
そこに最先端の科学技術や莫大な資本を投入したり、
そんなことしている場合ではないのです。
ジュゴンの住む大浦湾を埋め立てて新基地を建設するなどということは、
とんでもないことなのです。
残念なことに、今朝、4時頃、キャンプシュワブのゲートに数台の工事車両が入ったそうです。
政府は座り込みしている市民の裏をかくことばかりに、知恵をめぐらしています。
絶滅すべきは、私たちやジュゴンではなく、戦争したがる政治や経済です!
21世紀中に絶滅させたいと思います。
生物多様性は、文化の多様性を生みます。
文化の多様性は、思想と行動の多様性を生みます。
その社会は、多様性を認めない安倍政権、
株式会社日本のワンマン社長になりたい安倍首相が作る社会とは
まったく異なる社会です。
みなさん、生物多様性を大切にした新しい社会を作っていきましょう。
関東・東北の豪雨で自然の力をまざまざと見せつけられ、
自衛隊の人びとが頑張って救出にあたっておられますが、
これからはレスキュー能力のある自然保護官、
米軍と共同訓練する自衛隊員ではなく、
レスキュー設備に熟知した自然保護官が必要になると思います。
 最後に、戦後、私たちは沖縄に基地を押し付けて、
その犠牲の上に「平和」と「豊かさ」を享受してきました。
岩国には極東最大の米空軍基地ができてしまいました。
京都にも、京丹後にXバンドレーダーの基地ができてしまいました。
すでに憲法が適用されない地域があり、
そこに住む人びとの人生と暮らしの背後には、常に暴力が存在します。
今、安保法案の廃案を求めて私たちは闘っていますが、
これらの地域の人びとを憲法によって救い出し、連帯し、
ともに闘っていく必要があります。
 法案が通っても、戦後一貫して抵抗してきた沖縄の人びとの闘い方に学ぶ必要があります。
私たちはホモサピエンスです。知恵のある人という意味です。
ホモサピエンスの知恵の結晶が、戦力を放棄した9条です。
9条を活かして、人と人が平和に暮らす社会を作っていきましょう。
人と自然が調和する地球を2050年までに作っていきましょう。
これからもがんばっていきましょう。

9.09 戦争法案今すぐ廃案!豊中パレード 集会でのスピーチ

9.09 戦争法案今すぐ廃案!豊中パレード 集会でのスピーチ

 みなさん こんばんは 今岡良子です 大阪大学でモンゴルの研究をしています。安保法案の廃案を求める大阪大学人の会の一員としてスピーチさせていただきます。

 集団的自衛権について議論されていますが、イラク戦争の時、モンゴル軍は平和維持軍の一員としてイラクに出兵しました。今も、続いています。アフガニスタンにも行っています。出兵のきっかけは、ブッシュ大統領のテロの側につくのかどうか、という問いかけについて、反テロ宣言をした先進国が、兵士の戦死者を増やすことを恐れて、撤退を始めた時期。韓国軍が撤退することが決まった時に、アメリカから依頼されて、モンゴル軍は出兵することになりました。その見返りに、特殊なODAがアメリカからモンゴルに支払われるようになりました。最初の年、モンゴル兵に与えられた手当は、1日10ドルでした。モンゴル兵は、アメリカ兵を自爆テロから守るという任務もこなしました。2年目には20ドルになりました。これが、現在行われている国連平和維持軍の集団的自衛権の実態です。  

 「自衛隊員の命」という言葉に安倍首相は拒否反応をおこして否定します。私は、腹の中で、「外国の軍隊に頼んでいるから大丈夫」「彼らは士気が高く、しかもコストも安いから」と言っているのではないかと疑っています。90年以降、日本が積極的にODA外交をしてきたモンゴルやベトナム、カンボジア、ビルマ、ラオスというアジアの国々の兵士が犠牲になるのではないかと心配しています。

 そして、すでに沖縄県民を、関西でしたら岩国の市民を、最近では京都の京丹後の市民を犠牲にしてきました。戦後、日本は「平和」で、「豊か」で、それを守りたい、という意見がありますが、米軍基地を押し付けられた地域の人びとには平和はなく、日常的に暴力を押しつけられてきました。私たちは、その犠牲の上にのうのうと生きて来たということを認めないといけません。安保法案の採決の日程が文字になっていますが、戦後70年間、憲法の適用を受けることなく、しかし、平和のために抗ってきた沖縄の人びとに学ばなければなりません。

 最後に、辺野古で座り込みを続け、沖縄戦のサバイバーであるおじぃやおばぁが教えてくれたことをみなさんと共有したいと思います。アメリカ政府と日本政府という二つの巨大な国家権力を相手に、抗って、勝つ方法が1つある。何だと思う?ご存知の方がいらっしゃるかもしれませんね。それは、「あきらめないこと」です。あきらめなければ、アメリカ政府、日本政府にも勝つことができる。70年間、抗い続けたおじぃやおばあが言っているのですから、これは真実です。私たちも、安保法案の廃案を「あきらめない」、がんばっていきましょう。ありがとうございました。

9.01阪大豊中キャンパス集会

9月1日の集会について 「朝日新聞」が取り上げてくれました。

「安保法案廃案」有志60人が集会 阪大豊中キャンパス /大阪府
 大阪大豊中キャンパス(豊中市)で1日、安全保障関連法案の廃案を求める教員や学生ら有志による集会があった。約60人が法案の問題点や反対運動の展開について意見を交わした。
 呼びかけ人の一人の木戸衛一・大学院准教授(ドイツ政治)は、学生や若い母親による反対デモについて「紋切り型ではない自分の言葉で語っている。戦後70年たち、個人が声を上げるという民主主義の原点に立ち返っている」と評した。
 大野光明・特任助教(歴史社会学)は国内の米軍基地やヘイトスピーチを例示したうえで、「このような日本社会のありようを『平和』と定義してはいけない」と指摘。「法案が可決成立すれば、暴力や収奪の構造がますます強化される」と訴えた(花房吾早子)。
               
※『朝日新聞[大阪市内版]』2015年9月2日朝刊、24面

下の写真は、木村修監督の撮影

901木村修撮影

Nakajima Jimmy Hideaki (法学部卒) 異議あり! #安保法制 #戦争法案

元法学部生として反対します。

Nakajima Jimmy Hideaki@ナイロビ

#安保法制 #戦争法案

江利川 春雄(阪大外国語学部非常勤講師)異議あり! #安保法制 #戦争法案

阪大外国語学部非常勤講師の江利川 春雄です。

私は教職教育に従事する者として、
「教え子を戦場に送る教師を二度とつくらない」という立場から、
安保関連法案の廃案を強く求めます。

本務校の和歌山大学でも「安全保障関連法案の廃案を求める和歌山大学有志の会」を立ち上げ、
廃案を求める「声明」への賛同者を募集しています。
どなたでも署名(匿名も可)できますので、ご協力をお願いいたします。 
http://wsando.chakin.com/
連帯して頑張りましょう。

 #安保法制 #戦争法案

アラビア語を話す人びとは、「こんにちは」と言う度に「あなたに平和あれ」と祈っています

ARAV

北東アジアの人びとの連帯で、平和を勝ち取ろう!

北東アジアの平和を勝ち取る

田中謙太 阪大工学研究科大学院卒 異議あり! #安保法制 #戦争法案

アメリカ議会にて発言した安保法制の改正議決を急ぐ、今国会の法案成立に反対!
各党の質問にあるように、「法案文面上、集団的自衛権の発動要件が明確でない」ということは事実である。
安部政権の見解が必要なのではない!
必要なのは、未来永劫、決して戦争に参加する可能性を除外することである。
本国会で答弁している内容に関しては、現法律、及び国際条約で必要に応じ対応可能な内容のみである。本法改正を強行に進めることは、明らかに「その裏」にある何かでしかない。

法案廃案を強く求めます。
田中謙太 阪大工学研究科大学院卒

#安保法制 #戦争法案

9・1@阪大



901

南田みどり 阪大 ビルマ文学研究者&パフォーマー(元教員) 異議あり! #安保法制 #戦争法案

気がつけば8月15日!

教員をやめて三年目の暑い夏。ビルマで入手したある長編を論文で使おうと、ノートを取りながら夢中で読み終えた。気がつけば8月15日。作品のラスト近くでは日本占領期、地下出版に従事していた主人公が、憲兵に連行され、対日協力を迫られ、様々な拷問を受けながらも、協力を拒み続ける。加害者の子の世代に属する者にとっても、慙愧に耐えない場面だ。
長編の初版は1973年で、第二版が出たのは2013年。40年も封印されていたことになる。その一因は、生々しい拷問場面にもあったのではないか?なにしろ日本軍の拷問の方法は、戦後もビルマの権力に継承されてきたのだったから。
さて、教員をやめてから新たに加わった仕事は、ビルマのメディアにビルマ語評論を発表することだった。すでに、日本軍国主義下における国内の言論出版弾圧状況等々についていくつか掲載を終え、今も複数の出版社から原稿を求められている。日本語の論文が終わり次第、宿題を片付けていかねばならない。
とはいえ、せっかくの8月15日、気分転換も兼ねて、『写楽ブックスー日本国憲法』(小学館1982)を引っ張り出して、再読した。大きな活字にフリガナまで振ってあり、美しい写真入りだ。あちこちでハッとさせられる記述がある。なかでも、前文と第二章だ。小学生が読んでも、安保法案は違憲だということが一目瞭然だろう。廃案にせねば。慙愧の念をこれ以上重ねさせないでほしい。
パフォーマーとしては、そろそろ恒例の人権ライブが近づいている。ビルマ語反戦ロックを一曲だけ、プログラムに加えた。舌を噛まないよう猛練習しないとあかんやろと思いつつ。

南田みどり ビルマ文学研究者&パフォーマー(元教員)

#安保法制 #戦争法案

9月1日、阪大豊中キャンパスに「安保法案の廃案を求める大阪大学人」が集まります! #安保法制 #戦争法案

9.01集会

9月1日、17時から
大阪大学 豊中キャンパス 国際公共政策研究科 2階講義シアターで
「安保法案の廃案を求める大阪大学人」が集まります!

17時前は、学生、院生があちこちで企画をします。

ぜひ、ご参加ください!詳細は追ってお知らせします。

#安保法制 #戦争法案

浅川 千尋 (法学研究科/天理大学・教員) 異議あり!#安保法制 #戦争法案

連帯の挨拶をさせていただきます!  
1991年法学研究科博士後期課程単位取得満期退学(^^)した者です。
1991年から天理大学で憲法、行政法、動物保護と法などを講じております。
天理大学でも教員有志25名が呼びかけ人となり、
「安保関連法案に反対し廃案を求める声明」を8月6日に公表しました。
http://tenriunivasrb.wix.com/tenriuniv-asrb click here!

一部のメディアでも取り上げられました。 

浅川 千尋 
#安保法制 #戦争法案

藤本郁子( 阪大理学研究科数学図書室・職員)異議あり!‪#‎安保法制‬  ‪#‎戦争法案‬

歴史に学べ。
戦争はひとをひと以下にする。
すさまじい自然破壊をもひきおこす。
歴史に学ばない為政者には退場していただくしかない。戦争法案は廃案しかない。
藤本郁子( 理学研究科数学図書室)
‪#‎安保法制‬  ‪#‎戦争法案‬
プロフィール

osakaunivpeace

Author:osakaunivpeace
1人1人!
自分の言葉で!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。